ここは大丈夫?家はセキュリティーで選ぶ

マンションの防犯セキュリティ事情

マンションは共同住宅という性質上、戸建て住宅よりも効果的なセキュリティシステムが採用しやすく、多重なセキュリティゲートを設置して不審者の侵入を防ぐ取り組みが図られています。
多重セキュリティゲートでは、敷地内に入る段階で防犯カメラを設置しており、不審者が敷地内に入ることを抑止します。さらに、マンションのエントランスホールで入居者から確認を受けた者しか入れないように入室管理されたゲートを設置されており、エレベーターホールと、入居者の玄関ドアでも同様のシステムを設置していますので、不審者が二重、三重に入れないような構造になっています。
犯罪は何かあってからでは遅いので、これだけセキュリティシステムが厳重な物件だと、安心して生活できますよね。

戸建て住宅の防犯セキュリティ事情

一戸建て住宅では、自分の身は自分で守ることが鉄則となっており、防犯セキュリティシステムもICT技術を活用してハイスペックになっています。
一戸建て住宅では、外部の窓全てにワイヤレスの検知装置を設置して、不審者が窓を破壊すると検知して居住者に伝える機能や、不審者が侵入したことをサイレンや閃光で威嚇する機能などが採用されています。また、ネットワークコントローラで居住者に異常をメールや音声でも伝えることができたり、外出中で自宅の様子を確認できない場合には、セキュリティスタッフを派遣することも可能です。
その他にも、火災警報装置にも通信機能が搭載されたタイプが設置されており、防災に関しての対策も万全な仕様になっています。